2014 09/03

落してしまったiPhoneの画面は、ヒビが入っても起動することがあります。見づらくても、そのまま使い続けることはできるかもしれませんが、動作に支障があるだけでなく、けがをすることがあるので、危険です。

iPhoneの画面はガラス製でなので、落としてしまうと、ヒビが大きくなったり、割れてガラスが飛散するようになることがあります。この場合、ガラスが破損して飛び散ることもあります。床に落としたときはガラスが飛び散るので、掃除機や濡れ雑巾などをつかってきれいに掃除しないと大変危険です。

そのことから、落としたiPhoneは、使用せずに修理に出すことがよいとされています。

iPhoneの修理では、店に持ち込んで修理依頼を行なったり、修理業者に依頼することができます。正規店で修理を行なうときの費用は、20,000円ぐらいとされていますが、保証期間内であるなら、無料で修理してくれます。

ただし、これは正規店での修理となります。正規店以外で修理した場合は、修理費用は安くなっていますが、正常にデータが回復できるといった保障はなく、正常起動についても保障されていないことを理解する必要があります。

そのことから、保証期間内であるなら、正規店での無料修理を利用することがよいとされています。
参考情報:http://xn--iphone-8g0j477vojc914k.com/

2011 26/12

グルコサミンが今回のテーマです!情報収集の為に見つけたサイト を見ながら書いてみようと思います。

アサヒのグルコサミンサプリメントの錠剤を見てみると、普通の錠剤に比べて、かなりのムラがある事がわかりますが、サプリメントでこのようなムラがある事は、珍しい事ではありません。
サプリメントには、かなり多くの成分が凝縮されているので、成分の色にも様々なパターンがあります。
なので、色々な成分がたっぷり入っているサプリメントの錠剤には、色にムラがある場合や、斑点のような物が出ている事がありますが、全く問題はありません。
また、アサヒのグルコサミンサプリメントでは、飲み心地を上げるために、粘着性のある成分を使ってコーティングし、錠剤が苦手な人でも飲みやすくする工夫をしています。

 いかがだったでしょうか。読者の方々の今後の参考にしていただけそうでしょうか。参照情報 はこちらです。 また次の記事でまた皆様にお会い出来れば嬉しいです。次の記事でお会いしましょう。

2011 22/12

白髪染めが本日の主題になります!参照したサイトとしては 人気 白髪染め を読んで纏めます。

白髪染めは、酸化化合物などの化学物質でキューティクルを開き色素を脱色し、そこに染料を髪の毛の内部に浸透させて染毛します。
本来、髪の毛を守っているキューティクルが開くと、色素と一緒に髪の水分まで抜けてしまうため髪が傷みパサつきます。
傷んだ髪はコンディショナーだけでは補修できませんので、必要に応じてヘアパックでケアする必要があります。
その痛んだ状態を放っておくと、枝毛が増えたり、抜け毛が増えたりするトラブルになる事があります。
定期的にヘアパックで髪の毛をケアすることをお勧めします。
白髪で悩む方にとって白髪染め剤で染毛する事が必要ですが、せっかく染めた髪の毛が、白髪染め剤に含まれる化学物質の強い刺激性作用によりダメージを受けてパサパサに痛んでしまっては困ります。
ヘアパックは、白髪染め剤で傷んだ髪に栄養を補給してケアするヘアアイテムのことです。
 リンスやコンディショナーは髪の表面だけをケアしますが、ヘアパックは髪の内部に栄養分を浸透させるので痛んだ髪の根本治療になります。
ヘアパックは通常、週に1回程度で充分ですが、白髪染めで痛んだ髪には出来れば2〜3日間隔で使用するとより良い効果が得られます。

 いかがでしょうか。皆様のこれからの参考にしていただけそうでしょうか?参照ページ はここ  人気 白髪染め 次の記事でまた皆様にお会い出来ればうれしいです。次の記事でお会いしましょう。

2011 21/12

 今回は自分が青汁の勉強の為にWEBサイトをみていて、ためになった内容をここでまとめてみようと思います。

豆乳の成分は、とても多いので、すべてはご紹介できないですが、代表的な部分を取り上げます。
大豆イソフラボンは、植物性化合物であり、ポリフェノールの一種です。
構造的には、女性ホルモンのエストロゲンと似ています。
実は、女性の乳がんは、エストロゲンの過剰分泌が原因と考えられています。
実は、大豆イソフラボンは、エストロゲンの増減に対し、補給を行うことで、ホルモン型乳がんなどの予防効果に期待が集まっています。

大豆タンパクですが、肥満を予防して、動脈硬化防止の期待が持てます。
例えば、ダイエットをするためには、痩せやすい体質をつくるために、タンパク質を取る必要があります。
ダイエット商品などで、プロテインを摂るのは痩せやすい体質作りという側面が多いですね。
大豆に含まれる、大豆タンパクは植物性タンパク質です。
大豆に約33%を占めていますが、動物性タンパク質に比べて低カロリーです。
基礎代謝を向上させる役割があるため、ダイエット効果を期待できます。
ちなみに、大豆タンパクの必要摂取量は、体重1kg×1.2g/日です。
女性50kgの方なら1日に60g必要な計算です。
豆乳は、さまざまな食品として、販売されています。
同じ健康食品の青汁とのマッチングはとても栄養価が高く、多くの相乗効果が期待できます。

 皆様の参考にして頂けそうでしょうか。参照サイト はこちら  青汁について 今度の記事でまた皆様にお会い出来れば光栄です。次回の記事をお楽しみに。